GRACE

福山メンズ脱毛・ひげ脱毛専門グレイス

メンズ脱毛の期間中に日焼けNGの理由をご案内します。福山でメンズ脱毛するならGRACE。

メンズ脱毛が日焼けNGの理由

脱毛期間中の日焼けに注意

脱毛期間中の日焼けに注意

 ここ数年で、メンズ脱毛の重要が高まっており、男性でも全身のムダ毛を脱毛するのが一般的になっています。
 料金も安価になってきており、誰でも気軽に受けられるメンズ脱毛ですが、脱毛期間中に注意して頂くことがいくつか存在します。
 今回は、注意して頂く事項の中で、”脱毛期間中の日焼け”についてご説明していきます。
 福山で脱毛をしようと考えている男性は、日焼けとメンズ脱毛の関係性について一度確認お願いします。


日焼けはなぜ起こる?

日焼けはなぜ起こる?

 そもそも、日焼けがなぜ起こるのでしょうか?
 皮膚が紫外線を浴びると、角質層が体内に入り込むのを防ごうとします。
 しかし、紫外線が角質層を通過して体内に侵入してしまうと、次にメラノサイトという組織が「メラニン色素」を生成し、紫外線を吸収して真皮層への侵入を防ごうとします。
 この「メラニン色素」が皮膚に沈着することで、肌表面が黒くなっていきます。
 この流れが、日焼けが起こる仕組みとなります。

脱毛に日焼けがNGの理由

脱毛に日焼けがNGの理由

 それでは、本題のメンズ脱毛に日焼けがNGの理由をご説明していきます。
 何点かありますので、1つずつ読んで理解してください。

(1)痛みを感じやすい
 脱毛サロンで行っている光脱毛やクリニックで行うレーザー脱毛では、”黒色(メラニン色素)”に反応する特殊な光を照射して脱毛効果を発揮します。
 日焼けしていると肌にも沢山のメラニンが含まれているため、光が過剰に反応して通常より痛みを感じやすくなります。
 また、日焼けした状態の肌は、色が黒くなっているだけでなく乾燥しています。
 乾燥肌は外的刺激に弱いため、保湿された状態よりも痛みを感じやすいのです。

脱毛効果が落ちる

(2)脱毛効果が落ちる
 日焼けしていると、施術時に痛みを感じやすいだけでなく脱毛効果も落ちてしまいます。
 上述したように、脱毛機の光は黒色(メラニン色素)に反応させて脱毛効果を発揮していきます。
 白い肌の場合、照射面に”毛”しかないため、ピンポイントでムダ毛にダメージを与えることが可能です。
 しかし、日焼けして黒い肌の場合、肌にも光が反応してしまい、ムダ毛に与えるダメージが少なくなってしまうのです。

(3)肌トラブルの原因となる
 日焼けした肌は、”軽度の火傷した状態”であるため、とてもデリケートになっています。
 敏感になっている肌に対して脱毛による熱を与えると、肌トラブルを起こしやすくなるというのは簡単に想像出来ますよね。
 日焼けした肌に脱毛機の光を当てると、色素沈着やシミを作ったり、酷い場合は炎症や火傷などの肌トラブルを引き起こす可能性があります。

もし日焼けをしてしまったら

もし日焼けをしてしまったら

 もし、脱毛のことを忘れて日焼けをしてしまったら、メンズ脱毛は受けられないのでしょうか?
 基本的には、日焼けが治まるまでの間は脱毛を受けられないと考えておきましょう。
 判断基準は脱毛サロンやクリニックによって異なりますが、大体1ヵ月程度の期間は空けることになるでしょう。
 脱毛は毛周期に沿って施術を行っていきますので、日焼けによって毛周期がズレてしまい、その分だけ脱毛期間が長くなってしまう可能性もあります。
 そうなると、施術回数も多くなってしまいますので、費用面から考えても脱毛期間中の日焼けは控えた方が良いと言えます。
 日差しの強い日に外出する時には、長袖を着たり日焼け止めクリームを塗ったりして、出来るだけ脱毛部位の日焼けをしないよう保護してください。

まとめ

まとめ

 以上が、メンズ脱毛と日焼けの関係となります。
 日焼けしていても、軽度な場合は施術をしてくれる脱毛サロンやクリニックもあるため、ご自身で判断できないときは一度問い合わせしてみましょう。
 仕事の関係などでどうしても日焼けをしてしまう方は、日差しの弱くなる秋~冬頃まで待ってからメンズ脱毛をスタートするのも1つの解決策です。
 肌トラブルなく安全にメンズ脱毛を行うためにも、日焼け対策する必要があります。

 福山でメンズ脱毛をお考えの男性は、豊富な脱毛実績のあるGRACEへお越しください。
 沢山の実績がありますので、軽度の日焼をしていてもメンズ脱毛を受けて頂けることが多いです。
 日焼けしているからといって、既にメンズ脱毛を諦めている福山の男性がおられましたら、是非一度ご相談ください。
 当店の採用しているオリジナル脱毛機で、安全かつ効果抜群のメンズ脱毛をお届けします。