GRACE

福山メンズ脱毛・ひげ脱毛専門グレイス

刺青やタトゥーがある男性は、メンズ脱毛を受けることが出来ないのか解説しています。

刺青やタトゥーがあるとメンズ脱毛不可能?

医療レーザー脱毛

1.刺青やタトゥーがある男性は要注意

 ここ数年で、ファッションの一環として体にタトゥーを入れる人が増えています。
 当然ですが、タトゥーや刺青を入れている方でも全身からムダ毛が生えてきます。
 タトゥーを入れる方は美意識が高い傾向にあるため、自分の気になるムダ毛を脱毛してより綺麗な体を手に入れたいと考えます。
 しかし、体に刺青やタトゥーが入っている方は、脱毛をする前に注意すべき点がいくつか存在します。
 今回は、刺青やタトゥーが入っている男性に対して、脱毛を行う前の注意点などをご紹介します。
 広島でこれからメンズ脱毛をしようとお考えの男性は、刺青やタトゥーによるリスクを把握しておきましょう。

医療レーザー脱毛

2.脱毛方法が制限される

 それでは、刺青やタトゥーがある場合の最大の注意点をお伝えします。
 刺青やタトゥーが入っている方は、脱毛方法が大きく制限されます。
 具体的に説明しますと、フラッシュ脱毛や医療レーザー脱毛といった光源を利用する脱毛方法では、刺青やタトゥーが入っている部分に施術することは出来ません。
 毛穴に直接針を刺し込んでいく”ニードル脱毛”でのみ、刺青やタトゥーの入った部分でも施術可能です。

医療レーザー脱毛

3.メンズ脱毛の施術不可の理由

 それでは、なぜフラッシュ脱毛や医療レーザー脱毛では施術が出来ないのか、その理由を説明しておきます。

(1)火傷や肌荒れのリスク
 刺青やタトゥー部分に脱毛機の光を当てると、火傷や肌荒れを起こす可能性が高いです。
 フラッシュ脱毛や医療レーザー脱毛では、黒い毛に含まれる”メラニン色素”というものに反応する光を照射して、毛根部分にダメージを与えていきます。
 このメラニン色素は毛だけでなく肌にも含まれており、ホクロや色素沈着などにも大きく反応します。
 また、日焼けした後の黒い肌にも過剰に反応するため、日焼けをしていてもメンズ脱毛の施術を断られることが多いです。
 そして、厳密には刺青やタトゥーはメラニン色素と少し異なりますが、脱毛機はメラニン色素と同様に反応してしまいます。
 脱毛機の光が過剰に反応すると、火傷や肌荒れを起こしてしまいますので、どこの脱毛サロンやクリニックでも施術を受けられないとお考えください。

医療レーザー脱毛

(2)色が薄くなる
 火傷や肌荒れのリスクだけでなく、施術を受けることで刺青やタトゥーが薄くなったり消えたりすることもあります。
 実は、刺青やタトゥーで使われる材料は、熱や光で変質する成分となっています。
 そのため、脱毛機から照射される強烈な光によって、色が薄くなる恐れがあります。
 全ての刺青やタトゥーで色が薄くなることはありませんが、色付けで使用する材料に規定が存在しないため、実際に施術を受けてみないとどう反応するか分かりません。


医療レーザー脱毛

4.ニードル脱毛を受ける際の注意点

 上でご説明したとおり、刺青やタトゥー部分に脱毛施術を行うためには、脱毛方法が制限されます。
 ニードル脱毛であれば刺青やタトゥー部分にも施術可能ですが、脱毛を受ける際の注意点を事前に把握しておきましょう。
 ニードル脱毛とは、毛穴に直接電気針を刺し込み、電流を流して毛根部分にダメージを与えていきます。
 肌の色などに関係なく施術可能というメリットはありますが、大きなデメリットも存在します。
 具体的には、「最も痛みが強く肌へのダメージも大きい」・「本数が増えるに連れ時間と料金が高額になる」といったデメリットがありますので、注意してください。

医療レーザー脱毛

5.ベストはタトゥーなどを入れる前にメンズ脱毛

 ここまで、刺青やタトゥーが入っている場合のリスクなどをお伝えしてきました。
 刺青やタトゥーが入っていると脱毛方法に制限が出てくるため、ベストな選択肢としてはタトゥーなどを入れる前にメンズ脱毛を受けることです。
 既に刺青やタトゥーが入っている方の場合、入ってる部分のみをニードル脱毛、入っていない部分はフラッシュ脱毛などで綺麗にするという方法が、最も安く脱毛を完了できます。
 当店は、福山で数少ない全身をリーズナブルに脱毛可能なメンズ脱毛専門店です。
  福山で安全かつ安い費用でメンズ脱毛を行いたい男性は、当店に一度ご相談ください。