脱毛施術の後は体を温めてはいけない。福山メンズ脱毛ZEALOUS

脱毛施術の後は体を温めてはいけない

脱毛施術によって肌にも負荷がかかっている


脱毛施術によって肌にも負荷がかかっている

 脱毛施術というものをおさらいしておくと(レーザー脱毛、光脱毛による場合)、脱毛を行いたい箇所に対して、メラニン色素に反応する光を照射し、反応させることで熱を生み出し、その熱が毛の根元に伝わってダメージを与えて行きます。なので、当然のことながら毛が接触している周辺の毛穴にも熱が伝わってしまうわけです。
 肌にも熱が伝わる為、脱毛施術の終了後は少なからず肌にも負荷がかかっているのです。負荷としては、熱が加わることによる乾燥や毛穴への刺激、赤い火照りのようなヒリヒリとした症状が挙げられます。これには個人差があり、感じやすい方もいらっしゃれば、逆に感じにくい方もいらっしゃいます。

脱毛施術後に体を温めるのはNG

脱毛施術後に体を温めるのはNG

 上記で説明した通り、脱毛後の肌は熱をもっている状態となる為、そこへ更に熱を加えるような行為は極力控えて頂く必要があります。
 当店では、脱毛施術の終了後にお肌をしっかりと冷却し、専用のアフターローションで保湿を行っていきます。しかしながら、実はそれだけでは不十分であり完全に肌の熱を除去できるわけではありません。
 なので、脱毛施術を終わられた当日からおおよそ3日間はお風呂へ浸かることを控えて頂いております。
脱毛後、更に肌を温める行為を行ってしまうと血流が良くなり、毛穴や周辺皮膚の赤みを長引かせてしまったり、せっかく鎮静していたものが再び赤みを持たせてしまうといったことに繋がります。

脱毛施術後に体を温めるのはNG2

 日本人は文化的にもお風呂に入ることが習慣化されている割合が高いので、3日間も入られないのは辛いことかと思いますが、脱毛でせっかく肌を綺麗にしようと思っているにもかかわらず、アフターケアを怠り逆に肌トラブルになってしまうのは残念な事なので、極力シャワーを浴びるようにして下さい。
そして、体を洗う際(施術した部位に限ります)にも注意して頂きたいことが、強い力でゴシゴシと擦らない、すなわち「摩擦」をあまり加えないようにすることです。
 脱毛後の肌は非常にデリケートな状態にある為、強い摩擦を加えることでヒリヒリとした状態を長期化させる恐れがあります。脱毛部位を洗う場合には極力優しく洗うように心がけて下さい。こちらの場合も3日間程度を目安にして頂ければと思います。
その他の体を温めてしまう要因として挙げられるのが、
・激しい運動により体温を上げてしまう行為
・飲酒によりアルコールを摂取することで体温を上げてしまう行為
・岩盤浴やサウナ等で体温を上昇させてしまう行為
・垢すりやマッサージで肌に摩擦を与えてしまう行為
などが該当してきます。

脱毛施術後に体を温めるのはNG3

 ではプールや海などの水温が低いところへ浸かるのは大丈夫なの?という質問をよく耳にすることがありますが、実はそれもNGです。
 プールについては、水温は低いですがプールの水には消毒の為、塩素が含まれているので脱毛後の肌にはあまり良いとはいえません。
 海についは紫外線を浴びてしまい、日焼けの原因となるためこちらもオススメできません。
 また、共通して言えることは不特定多数の人が利用しているため水自体が不衛生になりがちだという点です。
 どこかへ遊びに行く予定のある方に関しては余裕をもって1週間ほど前に脱毛施術を受けておくことをオススメしています。もしもうっかりお風呂に浸かってしまったり、摩擦を加えてしまったりした場合は冷やしたタオルなどで脱毛部位を冷却するようにしましょう。
 そうすることで肌トラブルのリスクを軽減できます。

分からないことがあれば事前にご質問を

分からないことがあれば事前にご質問を

 ここまで脱毛後には肌を温めないことが重要というお話をしてきましたが、それでも疑問に思う事や、分からないことは多々あるかと思います。
 そのような時は福山市のメンズ脱毛・ヒゲ脱毛を専門としているZEALOUS(ゼラス)までご相談ください。
 みなさまの脱毛効果を最大限引き出し、肌トラブルのリスクを極限まで低下できるようアドバイスを行って参ります。