ヒゲが濃くなる原因【遺伝の関係性】福山ひげ脱毛ZEALOUS

ヒゲが濃くなる原因【遺伝の関係性】

なぜ自分のヒゲは濃いのか・・・


なぜ自分のヒゲは濃いのか・・・

 自分の顔を鏡で見て、「若いころに比べてヒゲが濃くなった」や、知人や家族から「ヒゲ濃いよね」などと言われてショックを受けたことはないでしょうか?
 普段自分の顔をまじまじと眺める機会は少ないかと思いますが、改めてよく見ると「自分はヒゲが濃いな」と悩みを抱えている人は多くいます。
 そんな時、「なぜ自分はヒゲが濃いのだろうか?」と考えるかと思います。
 インターネットで「ヒゲ 濃い なぜ」などと調べてみると、親からの遺伝のことや自分自身の体質、私生活においての生活習慣など様々な所に原因の可能性があることが書かれている記事を目にすることが出来ます。
 そんな数ある原因となる可能性のものの中から今回は「遺伝」とヒゲの関係性について解説していきます。

【遺伝】とは

【遺伝】とは

 そもそも遺伝とは何かというと、簡単に言ってしまえば生物の形質が、親からその子や孫に伝わっていくことを言います。
 親の形質データとなる遺伝情報は染色体に全て記されているのです。
 例えば血液型や肌の色、鼻の形や目元の形といった、言葉にしても分かりやすいものから、ハッキリと解明されていない情報まで様々な遺伝子の情報がこの染色体に書かれているのです。

ヒゲの濃さは遺伝する可能性がある

ヒゲの濃さは遺伝する可能性がある

 必ずしも遺伝するとは限りませんが、男性ホルモンの割合は親から遺伝するものなので、少なからずヒゲの濃さについても遺伝が関係してくると考えられます。
 この男性ホルモンによって影響してくる部位や箇所については、ヒゲ以外にもあります。
 特に顔のパーツは親に似る可能性が高く、口元や目元(大きさ・一重か二重かなど)、鼻の高さ形などは似やすいとされています。
 生まれてくる子供が男の子であった場合、父親からの男性ホルモンが強く影響してくる可能性が高く、父親のヒゲが濃ければその子供も濃い可能性は高いという事になります。
 自分のヒゲが濃く、父親も母親も毛深い場合だと遺伝が関係しているのかと納得できるかもしれませんが、両親とも毛深くない場合は本当に遺伝が関係してくるのか疑問に思うかもしれません。
 そういった方は「隔世遺伝」の可能性もあります。
 隔世遺伝とは自分の鼻の形や目の色が両親に似ていなくても、祖父母やもっとさかのぼった時代の祖先から受け継いだ可能性のある遺伝のことを言います。
 しかしそんな前の祖先のことについて辿っていくことは難しいのでハッキリと隔世遺伝であるとは言い切れないところはあります。

遺伝で濃くなったヒゲでもヒゲ脱毛でお悩み解決

遺伝で濃くなったヒゲでもヒゲ脱毛でお悩み解決

 遺伝子情報やその伝わり方にはまだまだ解明されていない部分も多く、一概に遺伝のみでヒゲの濃さが決定するとは決まっていませんが、ヒゲでお困りの方は福山でヒゲ脱毛を専門としているZEALOUS(ゼラス)へご相談下さいませ。
 数々のお悩みを解決してきた当店の男性スタッフが、ヒゲでお困りの男性の皆様に真摯に対応させて頂きます。