メンズ脱毛による痛みの感じ方。福山メンズ脱毛・ひげ脱毛ZEALOUS

メンズ脱毛による痛みの感じ方

メンズ脱毛による痛みの感じ方

別記事でも紹介しましたが、現在日本で主に採用されている脱毛方法(毛を生成する元となる毛根部分にダメージを与える、もしくは組織を破壊する行為を行い永久的、又は半永久的に脱毛効果を得ることのできる方法)としては

・ニードル脱毛
・レーザー脱毛
・光脱毛

の3種類があると解説致しました。
まず結論から申し上げると、痛みの大きい順番としては

1位ニードル脱毛
2位レーザー脱毛
3位光脱毛

となります。

ではそれぞれに、なぜ痛みが発生するのかを解説していきます。

なぜニードル脱毛で痛みを感じるのか?

なぜニードル脱毛で痛みを感じるのか?

 ニードル脱毛の仕組みとしては、1つの毛穴に対してニードル(絶縁針)を一本差し込んで、毛根部分に電気を流し10秒から20秒ほど保持することで毛を生成する部分の組織を破壊します。
 針を毛穴に差し込む時はチクっとする痛みがありますが、本格的に痛みが強まるのは次の電気を流す部分です。
 この電気を流す時が最も痛みが強いとされ、その痛みが一瞬ならまだしもこの状態で10秒から20秒耐え続けないといけないので、苦痛に感じる方が多くいらっしゃいます。
 ニードル脱毛も実際に経験した人達の声を聞いてみると、

なぜニードル脱毛で痛みを感じるのか?2

・涙が出るほどの痛み
・息を止めていないと耐えられない
・タトゥーを入れる時よりも痛みがある
・思わず声が出てしまう

など、かなりの激痛を伴うことが伺えます。

 ニードル脱毛では一本ずつしか処理を行うことが出来ない為、全ての毛をニードル脱毛で施術していくとなるととてつもない時間がかかります。
 当然ながらそれに比例して痛みも長く続くというわけです。
 効果の高い脱毛方法ではありますが、ここまで痛みがあると脱毛を続けられないと断念する方もいらっしゃるほど、ニードル脱毛では痛みが伴います。

なぜレーザー脱毛で痛みを感じるのか?

なぜレーザー脱毛で痛みを感じるのか?

 レーザー脱毛では、黒色の毛を作っていると言われる「メラニン色素」に対して反応を示す単一波長のレーザーを照射します。照射され、メラニンに反応すると熱を発生させて毛根部分にまでその熱を伝えます。熱がじゅうぶん伝わると、そのエネルギーで毛根の組織を破壊し、毛の再生率を低下させます。
 これがレーザー脱毛の仕組みですが、どこに痛みを感じる部分があるかと言うと、それはレーザーを照射しメラニンに反応させた瞬間です。
 毛根部分の組織を破壊するほどに出力を上げて照射しなければいけないので、その分熱量が上がってしまい痛みを伴ってしまうのです。

なぜレーザー脱毛で痛みを感じるのか?2

 レーザー脱毛にとってのリスクは実は痛みだけでは無く、高い熱エネルギーを加えることによる火傷や高出力のレーザーを当てると皮膚バリアが低下して毛穴に菌が入り込み「毛嚢炎」と呼ばれる細菌感染症にかかる恐れ、施術後の腫れや赤みが続いてしまう肌荒れ等のリスクがあることもじゅうぶんに理解しておく必要があります。
 レーザー脱毛は出力の高いレーザーを黒い毛に反応させる為、密集度の高いヒゲや毛質がしっかりしている(メラニン色素を多く含んでいる毛)ワキやVライン、Iライン、Oラインを含む陰部の毛に対してはかなりの痛みを伴います。
 施術を受ける場所によっては麻酔も用意されているようですが、ほとんどのところでは麻酔は別料金となっており、だいたい3,000~5,000円程かかります。これを毎回行なっていると金額的にもかなり膨らんでしまいます。

実際にレーザー脱毛を受けた方の声

実際にレーザー脱毛を受けた方の声を挙げていくと、

・ヒゲ脱毛をレーザーで行なったが、鼻の下やアゴなど密度の濃いところがとんでもなく痛かった
・麻酔なしではレーザー脱毛は受けられないほど痛い
・足の脱毛を受けたが、ポツポツとした火傷の跡が全体的に出来てしまった
・出力が合ってなかったのか、口周りのヒゲを当ててもらったが毛嚢炎がたくさん出来てしまって痛い

など、やはり効果が高い分出力を上げているレーザーではリスクの多い脱毛方法と言えそうです。

なぜ光脱毛で痛みを感じるのか?

なぜ光脱毛で痛みを感じるのか?

 光脱毛の仕組みとしては、レーザーと同じでメラニン色素に反応する波長の幅が広い光を脱毛したい部分に照射し、毛根部分にダメージを与える、又は蓄積させていき毛の再生率を極限まで低下させ自己処理が必要なくなる程の状態にしていく行為のことを言います。
 痛みを感じるポイントもレーザー脱毛と同じで光がメラニンに反応し、熱を発する瞬間に痛みを感じます。
 レーザーよりも出力を下げて照射しているため、レーザー脱毛に比べて照射する回数は若干多くはなりますが、その分痛みが非常に少なくなります。
 それに加え肌トラブルの可能性もとても低くなる為、肌の弱い方にとっても安心して行える脱毛方法になるのです。

実際に光脱毛を受けた方

実際に光脱毛を受けた方の声を挙げていくと、

・光を当てられている感覚がほとんどない
・全身を脱毛してもらっていたが、気がついたら寝ていました
・ヒゲの部分(鼻下辺り)はさすがに少しチクっとしたけど、それでも効果はしっかり出るし通いやすい

など、光脱毛では痛みがかなり少ない、肌トラブルが少ない意見がかなり多いのです。

 特に密度の多いヒゲや陰部の脱毛を考えられている方、お肌の弱い方、痛みに弱い方にとっては通いやすいさを重視した光脱毛がオススメの脱毛方法となります。
 以上の内容をしっかり理解して、リスクや肌トラブルの少ないメンズ脱毛・ヒゲ脱毛をご検討してみて下さいね。