ヒゲ剃りの歴史【江戸時代と現代】福山ひげ脱毛ZEALOUS

ヒゲ剃りの歴史【江戸時代と現代】

現代では基本的に自由な「ヒゲ」の在り方


現代では基本的に自由な「ヒゲ」の在り方

 成人の男性ならば、誰しもに生えているヒゲですが、ヒゲは当然ここ最近で男性に突然生えてきたものでは無く、ずっと昔から生えているものです。
 各時代によってそのヒゲに対する価値観や考え方というものには違いがあり、ヒゲのあり方はその時代を現していたものにもなります。
 今の時代ではヒゲを剃るも伸ばすもファッション的な観点や、趣味趣向的な部分もあり自由に選択することができます。
 一部学校の規則や、会社やアルバイトの規則、ビジネスを行う上でのマナーとして剃る必要のある方々もいらっしゃいますが、法律や条例などで、「ヒゲを伸ばしてはいけません」、又は「ヒゲを剃ってはいけません」という決まりは無いので、基本的に自身で剃る・剃らないという選択をすることができます。
 今ではこのような当たり前のことが、実はひと昔では様子が違っているのです。

江戸時代でのヒゲ剃りアイテム

江戸時代でのヒゲ剃りアイテム

 今でこそ4枚刃や5枚刃などのT字タイプのカミソリや、電気シェーバーなど便利で安全性にも考慮されたヒゲ剃りアイテムが広く普及していますが、ひと昔の江戸時代ではどうだったのでしょうか?
 実は江戸時代にもカミソリ(剃刀)はあったそうなのです。日本では、皆さんご存知の通り日本刀が有名で、昔からとても優れた技術を有していました。
 この切れ味鋭い日本刀の刃を生み出す技術を応用して剃毛用のカミソリも作られたと言われています。
 もちろん使用を重ねる度に刃の切れ味が落ちてくるので、包丁と同じように砥石で研いで、切れ味を保っていたそうです。

江戸時代でのヒゲ剃りにはルールが?

江戸時代でのヒゲ剃りにはルールが?

 上記でも記述しましたが、剃るも剃らぬも今でこそ自由なヒゲのルールですが、江戸時代では少し違っていました。
江戸時代に設けてあった階級によって、ヒゲ剃りのルールが決められていたのです。
 階級を大きく分けると、「将軍」、「武士」、「庶民」に別れます。それぞれについて解説していきます。

将軍のヒゲ剃り
小性と呼ばれる家来が剃刀を使ってヒゲを剃って差し上げていました。
武士のヒゲ剃り
訪問してくれる床屋さんと契約をしていた為、そこの床屋さんに毎日剃毛してもらっていたそうです。ちなみに武士には毎日ヒゲ剃りの義務があったそうです。
庶民のヒゲ剃り
 庶民は床屋に出向き、そこでヒゲを剃ってもらっていたそうで、江戸時代では青い剃り跡の印象はあまり良くなかった為、毛抜きを使って綺麗に処理する人もいたそうです。
 あの有名な遠山の金さんも自ら毛抜きを使用してヒゲの手入れを行なっていたという噂もあり、その姿が浮世絵として残されているのです。
 今も昔もヒゲ剃りを行うことは変わらないですが、どこでも簡単にヒゲ剃りができる現代とは違い、江戸時代では安全性の低い鋭い刃物を取り扱うことからプロの手で行われることが多かったようです。男性もオシャレに気を配る心は昔からあったのですね。

「ぶしょうヒゲ」は「武将ヒゲ」?

「ぶしょうヒゲ」は「武将ヒゲ」?

 ヒゲにまつわる皆さんがよく勘違いをしていることとしては、「ぶしょうヒゲ」とは、昔の武将が力強く伸ばしていたようなヒゲをイメージしたものの事を指していると思っているのではないでしょうか?
 確かに様々な所で目にする武将のヒゲはみんな立派なヒゲをしており、貫禄があります。
 まさに力の象徴と言ったところでしょうか。
 そこから勘違いをしている人が多いのではないかと思いますが、「ぶしょうヒゲ」とは実は「無精髭」のことであり、意味としては剃った後にヒゲを放置し続けることで無造作に生えてしまったヒゲの状態の事を指します。
 このことを知らない方は意外と多いのではないでしょうか?


時代は「ヒゲ剃り」から「ヒゲ脱毛」へ!

時代は「ヒゲ剃り」から「ヒゲ脱毛」へ!

 様々な技術が発達し、昔に比べてヒゲを剃ることが容易になった現代ですが、やはり手間がかかることは事実であり、ヒゲ剃りによって肌が負けてしまい負担がかかることも事実です。
さらに剃った後は青みが残り、その事を気にされている方も大勢いらっしゃいます。
 そこで今は「ヒゲ剃り」から「ヒゲ脱毛」を選択している方が急増しているのです。
 ヒゲが無くなり、ヒゲ剃りから解放されることで時間にも肌にもメリットが生まれ、毎日の生活に余裕が生まれます。
福山市でヒゲの脱毛をご希望の方は福山メンズ脱毛・ヒゲ脱専門のZEALOUS(ゼラスに)全てお任せ下さい。長年培ったヒゲ脱毛の技術と知識でお客様のお悩みを解決致します。