食生活でヒゲが濃くなる!?【意外な食べ物】福山ひげ脱毛ZEALOUS

食生活でヒゲが濃くなる!?【意外な食べ物】

なぜ食べ物がヒゲに影響を及ぼすの?


なぜ食べ物がヒゲに影響を及ぼすの?

 まず大前提として言えることは、ヒゲが濃くなる根本的な原因の一つとして「男性ホルモン」の分泌量が増加することや活性化することに関係しているということです。
 元々生まれ持った遺伝的な部分や、その他様々な要因はありますが男性ホルモンもヒゲに対して大きく影響してきます。
すなわち、日ごろから男性ホルモンが増加しやすい、又は活発化しやすい食物を口にしていると、ヒゲが今以上に更に強くなる可能性があります。
男性においても、女性においても「男性ホルモン」と「女性ホルモン」を持ち合わせていますが、その比率に差があります。
男性ホルモンの比率を多く持つ男性はやはりヒゲや体毛が多く生えていますが、男性ホルモンの比率が少ない女性においてはしっかりとしたヒゲは生えておらず(産毛は個人差により多少生えている方もいる)、体毛に関しても男性に比べて少量かつ毛質自体も細い方が多いです。
このように、男性ホルモンがいかにヒゲや体毛等の毛に対して関係してくることかがご理解頂けたかと思います。
なので、ヒゲが濃くなることをなるべく避ける為には男性ホルモンを多く分泌させたり、活性化させるような食物をなるべく避ける必要が出てくるという訳なのです。

男性ホルモンを多く分泌する食物

男性ホルモンを多く分泌する食物

1)肉類
 牛肉、豚肉、鶏肉に関わらず、動物性タンパク質を多く含んでいるお肉は男性ホルモンを多く分泌させる食物となります。
 お肉の部位の中でも特に「赤身」についてはより男性ホルモンの活性化に繋がりやすい為、注意が必要です。
 肉類は男性女性に限らず大好物だという方が多くいらっしゃるかと思いますが、毛のことを思うのであれば過剰な摂取をさけた方が良いかと思われます。
 
 2)ニンニク・ニラ
 肉類に続いてこちらも男性には大人気の食材かと思います。
 ニンニクやニラはラーメンやお鍋、炒め物などにアクセントを加えてくれ、風味が一気にプラスされるものですが、ニンニクやニラには「アリシン」と呼ばれる、体を元気にしてくれる成分が含まれています。
 しかしこのアリシンは男性ホルモン(テストステロン)の活動を活発にしてしまうので、ヒゲが濃くなる原因に繋がってしまうのです。

牡蠣・海藻類

 3)牡蠣・海藻類
 牡蠣や海藻類については、摂取することで男性ホルモン(テストステロン)の分泌を促してしまいます。
 牡蠣や海藻類にはテストステロンを分泌させる「亜鉛」が多く含まれている為、食べ続けることでヒゲを濃くしてしまう可能性があるのです。

 4)ブロッコリーやカリフラワー
 ブロッコリーやカリフラワーなどはお野菜であることからイメージ的にも毛に影響は無さそうに見えますが、実は摂取することで女性ホルモンを減少させてしまう働きをすると言われています。
 女性ホルモンが減少し、男性ホルモンの比率が大きくなることでヒゲが濃くなる可能性が大きくなる為、過剰摂取は避け、男性ホルモンと女性ホルモンのバランスを著しく崩さないようにすることが大切です。

今以上にヒゲを濃くしない為に

今以上にヒゲを濃くしない為に

 上記で挙げた食物についてまとめると、摂取することによって
 ・男性ホルモン(テストステロン)を活性化させてしまう
 ・男性ホルモン(テストステロン)を多く分泌させてしまう
 ・女性ホルモンを減少させ、男性ホルモンの比率が優位となる
 以上のことからヒゲが濃くなる原因となり得るのです。
 これらのことを頭に置きながら、日頃の食生活を意識するだけでもヒゲを今以上に強くすることを抑えることができる可能性がありますので、是非実践してみて下さいね。
 また、ヒゲの濃さを抑えるだけでなく、無くしてしまいたい方には「ヒゲ脱毛」がおすすめとなります。
 ヒゲを脱毛してしまうことで食事によるヒゲへの影響は低下するため、再び濃くなる心配も抑えられます。
 ただし過剰摂取は他の健康を損なう恐れもありますので、ヒゲ脱毛後も規則正しい食生活を心がけるようにして下さいね。