メンズ脱毛と光線過敏症の関係性。福山メンズ脱毛・ひげ脱毛ZEALOUS

メンズ脱毛と光線過敏症の関係性

光線過敏症とは何か


光線過敏症とは何か

 聞き慣れない言葉だと思いますので、まず「光線過敏症」とはどのようなものなのかご説明致します。
「光線過敏症」とは日光等の光を浴びた場合に、皮膚に現れる皮膚炎の総称のことを言います。
 光を浴びることにより発疹や水ぶくれ等の症状が現れる疾患なのです。太陽ほど強くない日常的な光でも何かしらの症状が現れる場合もあります。

光線過敏症の原因

光線過敏症の原因

 体質的な部分で、生まれつき光に対して弱い方もいらっしゃれば、今までは何ともなかったのに突然光線過敏症になったという報告があったり、処方された内服薬や外用薬、または注射による投薬等でも発症したという報告もあります。
 光線過敏症の中でも特に多いタイプのものをご紹介していきます

1) 日光アレルギー(紫外線アレルギー)
 日光アレルギーとは太陽光(紫外線)を多量(微量でも反応が出る方もいらっしゃいます)に浴びた時に皮膚が過剰に反応してしまい、炎症を起こしてしまう症状のことを言います。別名では「日光性過敏症」や「日光性皮膚炎」とも呼ばれることがあります。

T字カミソリの刃の枚数

 現れる症状としては、軽度の場合だと赤い点々の蕁麻疹がでたり水膨れなどの症状が出ます。酷い場合だと頭痛や吐き気、めまいなどの症状が現れてしまい、日常生活を行う事も困難になってしまいます。症状の出かたとしては、日光(紫外線)を浴びた部分にのみ現れるのが特徴です。
 他の特徴としては日光(紫外線)を浴びてからすぐに症状が現れ始めるという点です。
 日光(紫外線)さえ当たらないようにしていれば2時間ほどで症状は和らいでいきます。

多形日光疹(たけいにっこうしん)

2)多形日光疹(たけいにっこうしん)
 多形日光疹とは、日光アレルギー(紫外線アレルギー)と同じく太陽光(紫外線)を浴びることで引き起こる皮膚の炎症のことをいいます。こちらでは紫外線を浴びた部分の肌にポツポツと赤い湿疹が現れます。湿疹に伴ってかゆみや水膨れも症状として現れる場合があります。
 日光アレルギーと似ていますが、症状が出るスピードに違いがあり、日光アレルギーでは紫外線を浴びてからすぐに症状が出るのに対し、多形日光疹では紫外線を浴びてから30分~数時間経たないと症状が現れません。
 多形日光疹に関しても特別な治療は必要なく、数日の間に症状は改善されますが、ステロイド軟膏や抗ヒスタミン薬を用いるケースもあります。

光線過敏症薬疹(こうせんかびんしょうやくしん)

3) 光線過敏症薬疹(こうせんかびんしょうやくしん)
光線過敏症薬疹とは特定の飲み薬や塗り薬を使用した場合に、体内もしくは体外で作用し日光などの紫外線からの影響を受けやすくなってしまう症状のものである。
光線過敏症を誘発する原因となる薬は様々あるが
・ステロイド剤の塗り薬
・抗生剤を含む風邪薬
・抗ヒスタミン配合の皮膚薬
・抗不安薬、三環系抗うつ薬
・抗がん剤
などが挙げられます。上記はあくまで一例で他にも光線過敏症を誘発してしまう薬は多く存在します。これらの薬は光感受性を高める作用があり、薬が光に敏感に反応して体に悪影響を与えるとされています。

光線過敏症の発症原因は詳しく解明されていない

光線過敏症の発症原因は詳しく解明されていない

 紫外線を浴びることで症状が引き起こされることで、アレルギー反応の一種だと言われていますが、実は詳しい原因は判明していないのです。
 紫外線を浴びることで上記のような反応が出る場合は皮膚科で診てもらうか、なるべく紫外線を浴びないよう普段から気を付けて生活を送る必要があります。

光線過敏症とメンズ脱毛の関係性

 光脱毛、及びレーザー脱毛を行う場合は「光」(レーザーの光も含む)を使用します。
 脱毛機本体で有害な紫外線はカットしてしまいますが、光線過敏症が顕著に表れやすい方にとっては紫外線をカットした光でも症状がでてしまう可能性があります。
 なので、メンズ脱毛・ヒゲ脱毛をお考えの方は、脱毛カウンセリングを受けるタイミングで自身の光線過敏症の有無や、服用しているお薬、塗り薬の有無、今後使用しようとお考えの場合はその意思を必ず施術スタッフに伝えるようにしましょう。